SHIELD OF STRAW

ANEW株式会社は、日本テレビ放送網株式会社およびDepth of Fieldと共に、大ヒット作『藁の楯(わらのたて)』のハリウッド・リメイクの共同プロデュースを進めて参りましたが、この度、米国の独立系映画スタジオ、Solstice Studios(以下ソルスティス)が新たにプロデューサーに加わり、2019年初秋頃に製作開始を目指すことが決定されました。

オリジナル映画『藁の楯』は漫画家の木内一裕氏の小説家デビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。リメイク版の脚本は、クレイトン・ローゼンバーガー氏とカトリン・ベネディクト氏(『エクスペンダブルズ 3 ワールドミッション』、『エンド・オブ・ホワイトハウス』など)が手がけます。

詳細はリリース記事(英文)をご参照ください。

 

■ Solstice Studios(ソルスティス・スタジオ)について
ソルスティス・スタジオは2018年10月に設立されたロサンゼルスを拠点とした独立系映画スタジオ。映画の企画、出資、製作、海外セールス、全米配給を手がけています。世界市場に向けて制作費平均3000~8000万USドルの作品を年間3~5本製作し、さらに年間2~4本の映画を買い付け、全米配給を目指しています。英Ingenious Mediaがパートナー企業としてサポート。ソルスティスは合わせて50億USドルのプロダクションの実績があり、初年度にスタッフを65名まで増強する予定。創立者は社長兼CEOのマーク・ギル、製作を率いるアンドリュー・ガンとギー・ボッサム、そしてマーケティング/戦略を率いるヴィンセント・ブルゼッシら。幹部メンバーとして、買い付け&インターナショナル率いるクリスタル・ボルボー、法務を率いるカレン・バーナ、CFOショーン・ウィリアムズ、制作率いるルネ・ベッソンらが在籍しています。